テノール歌手 加藤 信行の 〜今日この頃〜
加藤 信行
profilephoto
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。
在学中より、二期会・藤原歌劇団などの数々のオペラを経験し、東京オペラシンガーズの立ち上げに参加。中心メンバーとしてサイトウキネン音楽祭・エディンバラ音楽祭などを始め国内オーケストラはもとよりウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など多数のオーケストラ指揮者との公演に参加。
2008年朝日新聞主催ピーター・コンビチュニー演出の「アイーダ」では日本人唯一のソリストとして好評を博す。
2001年より新国立劇場合唱団と契約を結び合唱及びソリストとして活躍する傍ら、FM放送、コンサート、イベント等いろいろなジャンルで活躍中。その他CMの録音でも柔軟な歌い回しは数々のクライアントに好評でその多さは特筆すべきである。
演歌からオペラまで歌いこなし、2006年に男声コーラスグループ《ヘキサガイズ》を結成。
自らコンサートをプロデュースし 鎌倉の建長寺や円覚寺でのコンサート、老人ホームへの慰問やチャリティコンサートなどで巧みな話術と円熟した歌い回しで聴衆を魅了する。
横浜市磯子で生まれ育ち、近年では地域での文化発展にも力を注いでいる。